0d0bb011831d9cc6058f4fb39164668d_s

爪水虫って自覚症状が少ない水虫なんですが、画像を見ていると意外に「わたしも爪水虫かも。。」ってなる人が結構いらっしゃいます。

なので、今回は爪水虫の症状の画像を集めてみましたので、まずはあなた自身の症状と見比べてみてください。

爪水虫の症状の画像

爪水虫の症状

  • 爪が「白・黄・茶・黒」色に変色している
  • 爪がボロボロと崩れてくる
  • 爪に白い筋の様なものが入っている
  • 爪が厚ぼったく膨らんできている

爪水虫の症状画像

「黄色に変色」「ボロボロ」「白い筋」「厚ぼったく膨らむ」の症状

64a9d45e924d0c9c23c2b0bb9a17802b_s

「白色に変色」「白い筋」の症状

88fb2c40b48536fcaa95ecbc1c6b7fb2_s

「黄色に変色」「白い筋」の症状

7232a1a28540dfbb51e3d809fa28bf93_s

「白色に変色」「白い筋」「厚ぼったく膨らむ」の症状

f00b76350c18b8523dd76ab58c29ae0d_s

「黄色に変色」「ボロボロ」「白い筋」「厚ぼったく膨らむ」の症状

ff62aed6611c92e0eee086c54e8e763c_s

あなたの爪と見比べてどうでしたでしょうか?

爪水虫は死ぬことはないから放って置くって方が多いのですが、自然治癒しない病気なので悪化する一方です。

でも、冬には落ち着くってケースもあります。(一時的に)

 

ここからは、なぜ爪水虫になるのか!?そしてどうすれば解決できるのか!?

などについてお話していきたいと思います。

爪水虫になぜなるの!?

5690510ed17930ef646e43ceea02d7b4_s

爪水虫に何故なるのか!?

それは「どこからか、爪水虫菌をもらってきているから」です。

目には見えない菌ですが、人からもらってきている状況なのです。

 

一番多いのは家族(同居人)です。

または、多くの人が利用している温泉や銭湯やプール、また病院や居酒屋でってケースも多いです。

 

爪水虫を解決するにあたって、爪水虫の原因を知っている方が解決しやすいので、ここから爪水虫の原因について少しお話をします。

爪水虫の原因って!?

406bef4a39cd012cc2f82d0900de6559_s

爪水虫の原因は白癬菌というカビの一種です。

白癬菌は、高温多湿で15℃~20℃、湿度70%以上を好みます。

 

白癬菌は、人間の皮膚や爪のタンパク質である『ケラチン』を好み潜みます。

この状態が足だった場合は足水虫、爪だった場合が爪水虫です。

他にも、頭や手や陰部にも潜むこともあり、『いんきんたむし』などは陰部に白癬菌がいる状況です。

爪水虫(白癬菌)の感染経路って!?

607b54c2768a64e4f45c2b369178643e_s

水虫の人が履いたスリッパやバスマット、素足で歩いた場所にはアカが落ちます。

白癬菌はこのアカの中で状況によっては数ヶ月から1年以上生き続けます。

このアカを自分が踏んで皮膚に付着すると、24時間以上の時間を掛けて足の角質層に白癬菌が入り込みます。

こうして水虫になります。

 

水虫になると今度は白癬菌が爪の中に攻め込みます。

そして爪の中に白癬菌が潜んだ状況が爪水虫です。

 

なので爪水虫の場合、かなりの確率で足水虫でもあるのです。

また爪水虫を治さないと、爪の中が白癬菌の住み家になっている状況なので、他の足や爪に白癬菌が伝染して症状が悪化する傾向にあります。

 

9da9db1ed76c1dd89a487919383a0e4b_s

 

自分が感染したのと同じように、家族(同居人)にも移してしまう可能性も大いにあります。

 

白癬菌は、実は感染力はそこまで強くなく、空気感染などはしません。

先ほど水虫の人のアカが付着して24時間以上かけて角質層に入り込み水虫になると言いましたが、言っても24時間以上(多湿状況で)なので毎日キレイに足を洗っていれば水虫になる可能性は激減します。

ただし、洗うときにアカスリなどでゴシゴシ洗ったりすると、角質層に傷ができて12時間で白癬菌が入り込んだりするので、洗うときは石鹸を泡立てて手で洗い流すようにしましょう。

爪水虫の治療方法!薬が必ず必要になる!?

1a772ce80a167884643f992006f7b9cc_s

爪水虫を治すにはいくつか方法があります。

自分に合った方法で治療していくことが望ましいと思いますが、まず「自然治癒」はしません。

そして、皮膚科に行き治療を受けていただくに越したことはありません。

 

ただ、病院に行く時間がない。

飲み薬は副作用が強いと聞いた。

既に他の内服薬を飲んでいる。

 

など、人によってはどうしても皮膚科での治療ができないってケースもあるので、いくつか治療方法の違いについてお話したいと思います。

 

ここでは、「今すぐできる3つのケア方法」と「爪水虫の3つの治療方法」についてお話していきたいと思います。

今すぐできる3つのケア方法

c48549e5450e30d62215e30331440f8e_s

今すぐに自宅でできる爪水虫のケア方法は、

  1. キレイに足を洗う習慣をつける
  2. 履物や靴下に気を付ける
  3. 毎日、足湯につかるようにする

とありますので1つずつお話します。

キレイに足を洗う習慣をつける

c377e9f24b0b30c706ae9fae191c7107_s

先ほども少しお話しましたが、白癬菌は感染してから24時間以上の時間を掛けて足の角質層に入り込みます。

つまり、毎日キレイに足を洗っていれば24時間以内に白癬菌を洗い流せるので水虫になる可能性は激減します。

 

ただこの時に注意するべきポイントが、アカスリなどでゴシゴシ洗わないようにするってことです。

ゴシゴシ洗って足の角質層に傷ができると、白癬菌が12時間程度で入り込むってケースがあります。

なので、足を洗うときは石鹸を泡立てて、手で洗うようにしましょう。

 

また、日々の生活で水虫にならないように足のケアとして塗り薬を塗っておくのも良いでしょう。

水虫になってしまった後でも94%以上の人たちが効果を実感している「クリアフットヴェール」などがおすすめです。

 

≫ 1本使い切った後でも全額返金保証があるので安心! ≪

button_102

 

こちらのクリアフットヴェールは爪ではなく、足の皮膚に付けるジェルタイプの塗り薬です。

根本的な考え方としては、白癬菌を足に長居させないってことが必要です。最初からジェルでバリアを張るもいいですし、毎日キレイに洗い流すでも大丈夫です。

履物や靴下に気を付ける

6d835560da2bc2b56f6ceafc4302155d_s

同じ靴を1日8時間以上履いていると白癬菌による水虫に感染する可能性が上がると水虫の専門家の皮膚科の先生が言っています。

しかし、、、「1日8時間以上靴履く人のが多いだろ!」って正直思いますよね。

 

ここでも根本的に気を付けていただきたいことは「白癬菌」についてです。

白癬菌は先ほどお話した通りで、高温多湿を好みます。つまり靴を履くことによりこういった白癬菌が好む環境に長い時間足を置いておくってことが問題なのです。

 

なので、オフィスワークの人は社内ではスリッパに履きかえるですとか、安全靴や作業靴または水を扱う仕事をしている人は、休憩中にはキレイなタオルで足を拭いて乾燥させる、などの時間を作ることが効果的です。

 

また、履く靴の種類によってもいろいろと変わってきます。

2405ef27878b078bf5a7cf56539f3b5f_s

女性の場合はブーツなど履いていると、冬でも高温多湿状態を作りあげますので、白癬菌は喜びます。

水虫って聞くと男性・中年に多いイメージですが、最近では女性の水虫(爪水虫)が非常に増えてきています。

 

実際にわたしが水虫(爪水虫)について困っている状況をアンケート調査した結果でも女性が8割でした。

以前は女性は家庭(家の中)にいる方が多かったので足も裸足でいる状況が多かったのですが、最近では女性は外にでてバリバリ働いていることが影響していると言われています。

40bd9de54e8480759ba651789d874417_s

というのも、ハイヒールやストッキングも白癬菌にとって都合のいい環境を作り上げてしまうのです。

ハイヒールの様に重心が指に集まる履物では、指と指がくっつき隙間がなくなるので足が蒸れやすくなり、その上ストッキングをはいているので更に蒸れます。

こういったことにより女性でも白癬菌が感染して水虫(爪水虫)になるケースが非常に増えてきています。

 

出来る限り、足を乾燥させる時間を設けたり、靴を毎日同じものを履くのではなく2~3足をローテーションして靴自体も乾燥できるようにしましょう。

 

5本指ソックス&トゥセパレーター

また、自宅にいる間は、5本指ソックスやトゥセパレーターを活用しましょう!

指と指を遠ざけて乾燥もできるし、白癬菌が伝染することも防げます。

意外にこの方法でかなりの人たちの症状が落ち着いたりしているので、今すぐに活用すべき方法です!

毎日、足湯につかるようにする

足湯

あくまで症状が一時的に落ち着くって意味合いですが、足湯も効果的だったって声があります。

これは白癬菌が15℃~20℃を好むので40度以上の温かめのお湯で足湯をするのがおすすめです。

でも、足や爪の状況によっては難しいかもしれませんので、あくまで参考程度に。

 

足湯の場合は足をキレイに洗う時にもできるので、今すぐに取り組める方法としてお伝えしました。

今すぐできる3つのケア方法のまとめ

ここで挙げた方法は、全て今すぐに取り組むことができる水虫(爪水虫)のケア方法です。

自分に合った方法をすぐに試してみてください。

しかし、結局全てが「ケア」であり完治するわけではありません。

水虫(爪水虫)を完治させるには白癬菌を死滅させる必要があるので、自然治癒では解決しません。

 

どうしても薬での治療が必要となってきてしまいます。

なので、ここからは「爪水虫の治療方法」についてお話していきたいと思います。

爪水虫の3つの治療方法

2793555d0f79b3904276bc80964134ff_s

爪水虫の治療は通常の水虫と違って、塗り薬での治療は難しいと言われています。

その理由は、爪の内部にまで白癬菌が浸透している状況だからです。

なので、爪水虫の場合は皮膚科にいって治療するってことが一番良い方法だと言われています。

 

しかし、ここで挙げられるのが「内服薬(飲み薬)の副作用」についてです。

爪の中の白癬菌を死滅させるぐらい強い薬なので、副作用があります。

肝臓に負担を掛けるので肝機能障害や肝炎になった方も多くいますし、死亡者も出ています。

読売新聞2004.1.30『内服用の水虫薬投与の男性死亡』

水虫治療内服薬の副作用で死亡例、厚労省が注意喚起

水虫、たむしなどの内服薬「ラミシール錠」の副作用とみられる肝障害の死亡例があったとして、 厚生労働省は29日、販売する日本チバガイギーに対し、医師らに肝機能検査を定期的に行うなどの 患者の経過観察を徹底させるよう注意喚起した。

こういったこともあり、実際はどの治療が一番おすすめなのか!?悩ましいところではありますので、自分にあった方法を選んでみてください。

爪水虫の治療方法としては「内服薬(飲み薬)」「市販薬(塗り薬)」「レーザー治療」が挙げられます。

「内服薬(飲み薬)」での治療の場合

b578ed8844b706627041f6958880c33f_s

「効果」って面で見ると一番強いのが内服薬(飲み薬)での治療です。

ただ、先ほど言ったように副作用が強いので、妊娠中の方や既に薬を何か飲まれている方は、この方法での治療はできません。

また、仕事が忙しくて中々病院に行けない方や、恥ずかしくて病院に行けないって方も多いです。

爪水虫の場合は、白癬菌が爪の中にまで浸透している状態なので、皮膚科にいって治療することが一番だと思います。

しかし、色々な事情で病院に行けない方が多いので次の方法も紹介します。

「市販薬(塗り薬)」での治療の場合

4fdd9caab9595b38c2789af54015dbc8_s

市販薬(塗り薬)の場合は副作用の心配がないので安心です。

足水虫と違い爪水虫の場合は、爪の内部まで浸透しているので、塗り薬ではそこまで辿りつけないので、飲み薬での治療ほど効果が見られないと言われています。

 

しかし、海外では爪水虫を副作用がない塗り薬で治すのが一般的と言われていたり、実際に日本でも最近は病院で塗り薬が処方されるケースが増えてきています。

結局は爪の内部の白癬菌を死滅させることが大切なので、浸透力の強い塗り薬なら解決できるってことですね。

 

最近では、こういった浸透力の強い塗り薬が販売されていて「クリアネイルショット」などは、浸透力特化型のジェルタイプなので爪の見た目もすぐに良くなるので人気です。

爪の表面には「親油性(しんゆせい)」の膜があり、油に馴染みやすいという特性があるので、この特性を生かした塗り薬はおすすめです。

 

≫ 使用した81%の人が実感!全額返金保証ありで安心! ≪

6c4d2855b38506ea94f72de9a7b3ae38_s

 

クリアネイルショットは、2週間で効果を感じた人も多く、販売元の「北の達人コーポレーション」は『ビックリするぐらい良い商品』しか販売されないことで有名な会社なのでおすすめです。

忙しくて病院に行けなくて放って置くと悪化する一方ですので、早めにできる限りの治療を進めていきましょう。

「レーザー治療」の場合

b2f327520995aa6406f2b38948c4b850_s

最後にレーザー治療の場合です。

レーザー治療の場合、飲み薬などと同じで病院に行くので通院が必要になります。

でも、一回の治療時間は10分~20分程度です。

効果もあるのでおすすめですが、日本では認可されていない為、自費での治療になります。

費用も病院によって様々なので調べてみるほうがいいです。

こういったことから、治療方法として身体に負担はありませんが、経済的な負担がありそうです。

爪水虫の3つの治療方法のまとめ

爪水虫の治療方法を3つ紹介しました。

それぞれの治療方法のメリット・デメリットをまとめると。

飲み薬の場合のメリット・デメリット
メリット
  • 殺菌力の強い薬なので体内から爪の白癬菌を死滅させることができるので効果的。
デメリット
  • 1年前後の通院が必要になる
  • 飲み薬による副作用が懸念される
  • 妊娠中や身体の状況により処方されない
  • 血液検査(注射)が診断で必要になる
塗り薬の場合のメリット・デメリット
メリット
  • 通院の必要はない
  • 副作用がないので妊娠中でも大丈夫
  • 自宅で治療できるので継続できる
デメリット
  • 飲み薬より効果が低いと言われている
  • 治療の経過が分からない
レーザー治療の場合のメリット・デメリット
メリット
  • 効果的で副作用がない
デメリット
  • 通院が必要になる
  • 自費での治療になる

 

となります。

個人的な意見でもありますが、多くの方が副作用の懸念や通院の難しさから治療を後回しにしているケースをよく見かけます。

爪水虫の治療は、どの方法を取ったとしても爪が生え変わる期間は治療を続けることが必要です。

6ヶ月~1年の治療は見ていただいた方がいいので、出来る限り早く自分にあった方法での治療を始めるべきです。

 

先ほど紹介したクリアネイルショットの場合は、みんなが効果を実感しているのでおすすめなんですが、実は専門のアドバイザーに電話して相談することもできるのです。

勿論、購入前に相談することもできますし(一切セールスはありません)、治療しながらその経過を相談することもできるので、病院に行けない方や、妊娠中で飲み薬が飲めない方におすすめだと思い紹介しました。

 

≫ 2週間で効果を実感!電話で相談しながら治療ができる! ≪

button_103